事前認定と被害者請求

いざ後遺障害等級認定を受けるために申請をするのなら、事前認定と被害者請求のどちらかを選択することになります。事前認定の場合は加害者の保険会社が全てを対応してくれるものの、有利な認定結果を得られるのは被害者請求です。必要な書類を用意する手間がかかるものの、得られる金額がグンと高くなるからこそ、しっかり対応した方が良いでしょう。弁護士に依頼をすれば、仮に不満がある場合でも追加検査の依頼をし、直接担当医と面談をして後遺障害診断書の内容や競技や修正を依頼できます。

どの段階に分類されるかによって、手にできる金額は大きく変わっていくものです。大げさではなく、今後の人生を大きく左右するといえるでしょう。保険会社に対応を任せてしまうと、支払いを少なくしたいと考えるからこそ、満足ができる結果を得られにくくなります。だからこそ、弁護士に依頼するかどうかは別として被害者請求はするようにすべきです。

本来は治療に専念しないといけない被害者の方が全てを対応するのはあまり現実的とは言い難いです。専門知識と経験がある弁護士に任せておけば、万事解決となります。納得ができる満足ができる結果を得るためには、自ら行動しないといけないものと認識しておいた方が良いでしょう。

全てを対応する弁護士

加害者や加害者の保険会社との示談交渉後遺障害等級認定を受けるために申請必要な書類の用意といった全ての対応をしてくれるのが弁護士です。弁護士に依頼するとなると、当然ながら依頼料がかかってしまうものの、依頼料がかかっても依頼するだけの価値があるのは間違いありません。何をすべきであるのかを把握し、その上で適切な対応をしないと満足ができる結果とはならないものです。加害者や加害者の保険会社は支払いを少なくしたいと考えるもので、少しでも多く貰いたいと思う側とは考えに相違があります。にもかかわらず、全ての対応を保険会社に任せるのはおかしいと思うはずです。

専門知識がないと太刀打ちするのは難しいもので、法的見解を行って被害者の方が望むべく結果を得られる可能性が高まるのが弁護士への依頼となります。法律相談料着手金が無料の弁護士事務所も少なくはなく、当座のお金が心配な方も安心して依頼できる弁護士事務所を見つけられるでしょう。

特に後遺障害が残った場合や死亡した場合は弁護士に依頼するのは必須と考えるのが適切です。どういった対応をするかによって手にできる金額は数百万も数千万も変わる可能性を秘めているといえます。

関連サイト-交通事故後遺障害認定依頼『弁護士法人アディーレ』

Pocket