弁護士のサポート

1級から14級までとなる14段階に分類にされているのが障害等級です。どの段階に分類されるかによって、得られる示談金額は大きく変わっていきます。交通事故の被害に遭い、そして後遺障害が残ってしまった場合に障害等級認定を受けることが可能です。ただ、油断してはいけないのは保険会社の対応となります。保険会社は営利企業であるからこそ、被害者の方にとって障害等級が少ないものになるのは支払いが多くなる理由に繋がるもので、適切な対応をしてくれるとは限りません。等級認定は損害保険料率算出機構が決定するものの、納得ができないという方も少なくないです。だからこそ弁護士の存在が重要になるといえるでしょう。専門知識や経験あるいは交渉術によって結果は大きく変わっていくのが事実です。

弁護士の仕事内容の基本となるのは加害者や加害者の保険会社との示談交渉にあります。示談交渉を行うにあたって必要な書類を用意し、被害者が適正な慰謝料を請求できるようにするのが仕事です。そして後遺障害等級認定を受けるにあたっても弁護士の存在が大きくなるのは間違いありません。

当サイトでは弁護士がなぜ交通事故の障害等級認定を受ける上で必要であるのかについて解説をしています。被害者の方本人が対応するのは決して不可能ではないものの、万全を期すのなら弁護士に依頼した方が良いのは間違いありません。実際に多くの方が弁護士に依頼しての対応をしているのは、それだけのメリットがあるからです。

Pocket